• 会社案内
  • 製品情報
  • 品質への取り組み
  • 環境への取り組み
  • お問い合わせ
Top > 環境への取り組み
環境への取り組み
環境保全 今のわたしたちにできること
for the Earth
昨今、各メディアで問題視され取り上げられているように、地球の環境問題に取り組む事は、今や企業の重要な社会的責任になっています。 現在の環境の問題は、特別な化学物質によってのみ引き起こされる訳ではなく、企業活動をはじめ、生活に不可欠なものから発生している事が多々あります。
当社は、EMS(環境マネジメントシステム)を運用する事により、環境の保全を考慮した企業活動を通して社会に貢献したいと考えております。
構内写真
for the human
構内写真 当社では、EMS(環境マネジメントシステム)を効率よくかつ適切に運用する方法として、会社組織にとらわれない「管理組織」を構成しております。 それらは各部門の職制で構成された「4分科会(廃棄物分科会、省エネ分科会、化学物質分科会、危機管理分科会)」で担当を分担し、 「環境委員会(部長・各分科会推進責任者)」及び「環境会議(取締役=議長・環境管理責任者=事務局)」にて推進されます。
打ち上げられた問題点などは、各分科会で検討され、環境委員会・環境会議を経て全社的に展開され、社員への意識付けを行っております。

環境方針
1. 当社は、自動車用電装部品(コンデンサ、レギュレータ組付、ダイオード組立品、その他これら応用品)の製造及びサービスの事業活動を通して環境保全及び汚染予防に努める。
2. 環境保全活動を推進するための環境マネジメントシステムを確立し、維持し、継続的に改善を行う。
3. 廃棄物の削減、省エネルギー、リサイクルの促進、省資源等環境に配慮し汚染の予防に努める。
4. 環境関連の法律、条例、及び当社の同意するその他の要求事項を順守する。
5. 環境保全の目標を定め、計画的に活動を行い見直しをする。
6. 環境方針及び環境保全活動を全従業員に周知させると共に意識の向上を図る。
7. 環境方針を一般に開示する。
2015年4月1日
昭和電機株式会社
代表取締役社長
嘉山 昭治


ISO認証情報
認証機関 財団法人 日本ガス機器検査協会
適用規格 ISO14001:2004
登録番号 JE0916
初回登録日 2004年09月24日
登録日 2013年09月24日
有効期限 2016年09月23日
登録された環境システム 自動車用電装部品(コンデンサ、レギュレータ組立品、ダイオード組立品等)の製造
 ①有害物質の適正管理と代替品への転換(鉛含有物)
 ②環境負荷の低減(騒音・水質汚濁)
 ③省エネルギー(電力)
 ④省資源(リサイクル)
 ⑤廃棄物の低減
を推進するための環境マネジメントシステム
事業所の所在地 埼玉県深谷市上柴町東7丁目4番地1


管理組織図
ISO関連の管理組織図はこちらです。