• 会社案内
  • 製品情報
  • 品質への取り組み
  • 環境への取り組み
  • お問い合わせ
Top > 会社案内 > 沿革
沿革ヘッダー
The history of SHOWA ELECTRIC Co.,ltd.
昭和 10年 初代社長遠山浩三が東京都王子区岩淵町1の435に、資本金200千円で会社を創立し、創立と同時に逓(てい)信省より油清浄機の各種特許権を附与されて事業を開始し、引き続きバルブ修理機の生産も行い主として各航空廠(しょう)に納入する。
-----
昭和 13年 自動車用コンデンサの生産を開始しトヨタ自動車工業株式会社に納入する。
-----
昭和 16年 航空技術廠(しょう)の指導のもとに航空機用捲揚(まきあげ)機の特許を得て生産を開始し同廠(しょう)に納入する。
-----
昭和 21年 工場を埼玉県深谷市に移転して生産を再開する。
-----
昭和 23年 通産省より優良自動車部品としての認定を受ける。
-----
昭和 27年 資本金を150万円に増資する。
-----
昭和 33年 製品の多角化を目途として関連部品である抵抗器の生産を開始し主としてホーンメーカーに納入する。
-----
昭和 36年 資本金を600万円に増資する。
-----
昭和 37年 建物の老朽化に伴い旧工場を取り壊し、同所に新工場、事務棟、延べ2693.3平方メートルを建設し設備も新規し、量産体制を確立すると同時に資本金を2,000万円に増資する。
-----
昭和 38年 資本金を4,000万円に増資する。
-----
昭和 45年 資本金を4,200万円に増資する。
-----
昭和 46年 資本金を4,966万5千円に増資する。
-----
昭和 48年 スタータ用マグネットスイッチの生産を開始する。
-----
昭和 51年 トランスの生産を開始する。
-----
昭和 52年 遠山一行が社長に就任する。
-----
昭和 53年 構想デッサン深谷市都市計画の実施に伴い現在地に工場を新築し移転する。
-----
昭和 61年 遠山一行が会長に就任し、藤村豊が社長に就任する。
-----
昭和 63年 系列会社として(株)ウエルドテクニカをグループ化する。
-----
平成  2年 ワイパー部品の生産を開始する。
-----
平成  9年 発電機用ダイオードアッシーの生産を開始する。
-----
平成 11年 SCレギュレータの生産を開始する。
-----
平成 14年 資本金を9,966万5千円に増資する。
ISO9001認証取得
-----
平成 16年 ISO14001認証取得
-----
平成 22年 株主が株式会社タイツウになり、それに伴い谷口一成が会長に就任し、嘉山昭治が社長に就任する。